サーマクールでシワ・たるみを解消!

サーマクール治療の手順

●サーマクール治療の手順

・診察(カウンセリング)

サーマクールがお肌に適しているか、どのような効果が期待できるか、リスクがなどの説明を受けます。
サーマクールは、当日中にカウンセリングから治療まで可能ですが、事前にカウンセリングを受けた上で、後日治療を検討してみると良いかと思います。

・洗顔・クレンジング

メイク・汚れ・皮脂を充分に落とします。
アクセサリー等も外します。

・麻酔

麻酔クリームや麻酔テープによる表面麻酔、内服の鎮痛剤などを使用します。(治療院によって様々です。)
その後、麻酔が浸透するまで約15分~60分待ちます。
(痛みで説明したように、あえて麻酔をしない治療院もあります。)

・マーキング

麻酔クーリームや麻酔テープを除去し、1cm×1cmの正方形のマス目が入ったマーキングシートを皮膚に写していきます。
アルコール綿で皮膚を湿らせてシートをのせることにより肌にくっきりと印がつきます。
このマーキングは、より顔を立体的にとらえることにより、どの部位を改善していくかを決めていく重要なものです。
また、過剰照射を避けて、リスクを減らす役割もあります。
そして、対極板と呼ばれる金属の板を脇腹付近に装着します。

・テスト照射

頬などの皮膚の厚いところでテスト照射を行います。
照射する際は高周波エネルギーを流れやすくする為に、さらっとしたジェルを塗りながら行います。
個人の皮膚の電気抵抗値をサーマクールに内蔵されたコンピュータが解析し、肌質に合わせてチューニングします。

・本照射

期待できる効果を考慮した照射方法で治療を行います。
まずエネルギーの設定を行います。数値が高くなるにつれて、加えられるエネルギーも大きくなり痛みも強くなります。

目の下・こめかみ・額などの皮膚の厚さが3mm以下の骨が近いところは、高周波エネルギーが反射してしまう為、低めのエネルギー設定で照射します。
照射の際はジェルを塗り、しっかり皮膚に密着するように押し当てます。
まず、顔全体にまんべんなく照射します。その後、毛穴の開きやたるみが気になる部分に重ねて照射します。これによりさらなる効果を期待できます。

治療時間は、治療部位やチップの種類により異なりますが、約30分~1時間ほどです。
照射後にマーキングを除去します。

・洗顔、メイク

治療後は洗顔をし、保湿などを行います。
また、治療後は、すぐメイクををして帰ることができます。

サーマクール TOPへ サーマクールについて サーマクール治療の手順