サーマクールでシワ・たるみを解消!

肌と健康・睡眠

●皮膚は内臓の鏡

美人の第一歩は健康で美しい肌を持ち続けることです。
美しい肌はメイクののりもよく、ファッションも映えます。
肌はその人の体の状態を明確に表します。
顔色の良さや肌のつやなどから、体調を予測出来ますし、シミやしわ、くすみなどからある程度年齢を推し量る事が出来ます。

●肌年齢は肉体年齢と同じ

肌と内臓には密接な関係があります。
例えば、肝機能が弱れば肌がくすみ、暴飲暴食が続いたりストレスがたまれば、肌にも影響が出ます。
肌が若い人は肉体的にも若く、肌が老けている人は肉体的にも老化しています。
生活習慣の乱れが肌年齢・肉体年齢を加速させます。
正しい肌年齢を知り、対策を今日からはじめましょう。

●質のいい睡眠を

肌再生は、寝ているときに行わます。
肌再生は、通常約4週間周期ですが、加齢とともに鈍ります。加齢で睡眠時間は短くなるのに、肌再生時間は長くなるのです。
個人差はあっても、毎日平均6時間半~7時間は睡眠をとるようにしましょう。
体内時計に合わせ、規則正しく寝ることが大切です。
夜11時からと、午前3時からでは睡眠の質は大きく違います。

●入眠直後の3時間が大切

眠りは、レム睡眠とノンレム睡眠が繰り返されます。
最初の3時間が一番深く、徐々に浅くなっていきます。美肌のためにはその3時間が大切です。
肌再生に欠かせない成長ホルモンが分泌され、この3時間で熟睡することが肌再生につながるのです。
睡眠前の入浴など、熟睡のための工夫も必要です。

●体内時計とは

1日24時間に対し、人間は本来1日25時間サイクルで、これをコントロールしているのが体内時計です。
脳の視交叉上核というところにあり、朝、太陽光を感知すると脳の松果体へ信号を送ります。
体内時計を正しく働かせるためには、規則正しい食事と昼間の外出が必要です。
起床時間を一定に保つことも生体リズムの調整に重要です。

●体と肌の血行促進

血行不良により体の健康や皮膚の若さを保つ物質が全身にいきわたらせることができず、冷え性に悩む女性は多いです。
かさつきなどの原因は、肌代謝がうまくいっていないことですが、これを高めるためには血行をよくすることが大切です。
冷暖房を使いすぎないなど、生活環境も見直しましょう。

●適度な運動が大切

冷えない体作りには、運動も欠かせません。血行や血液循環がよくなります。
筋肉の運動で発熱させるとともに、食生活の見直しを。体内からの発熱も有効です。

●肌には心身の状態があらわれる

ストレスは色々ありますが、心身にも影響を与えます。
もっとも影響を受けるのは内臓と肌です。この2つは関連しあい、内臓のトラブルが肌にもあらわれます。

●自分では気づかないストレスに要注意

イライラして顔をしかめっ面にすると、顔にシワが出ます。
肌は心の状態も敏感に映し出します。
肌にトラブルがあっても、ストレスからきていると気がつかない人も少なくありません。
自分では気づかない「隠れストレス」にご注意ください。

サーマクール TOPへ 肌と体の関係 肌と健康・睡眠